マタニティ筋トレ・妊娠初期の危険について

妊娠中も運動は大切だと理解しているママも多くなってきましたが、妊娠初期には予め流産を引き起こさないかなど不安を抱いているママも多いのではないでしょうか。
そのためマタニティ筋トレや運動は、いつから行えばいいのかなど気になるところです。
そこでまず妊娠初期について考えてみましょう。
ほとんどの人は予定の生理が欠けるため妊娠に気づくのではないでしょうか。
前回の生理がスタートしてから約2週間後が排卵日が起こり、受精をするとこういう排卵日から週間〜10日辺りで着床する。
つまりこの辺からは着床にトラブルを起こさないために、耐え難い運動は良くありませんが、これは一般的な運動ではかなり起こらないことなのです。
そのためアスリートという、日常的に耐え難い運動をする人が妊活をする場合は注意が必要と言えるでしょう。
妊娠は気づいた時折すでに妊娠5週程度になっています。
そのため妊娠初期に流産を起こすと、妊娠と気づかずに運動を通じていたからだと後悔するママもいるようですが、ぜんぜん運動の影響は少ないと言われているのです。
この時期には胎児の重要な器官が形成される時期で、女性ホルモンのエストロゲンとプロゲステロンなどの分泌も非常に変化がおっきい時期と言われています。
そしてこの時期には悪阻があり、妊婦にとってはまったく悲しい時期を迎えることにもなるのです。
皆は流産の理由は強い運動を通じてしまったからだとか、お腹に力を入れてしまったなどと思っているようですが、実は大体他の理由で妊娠初期に流産が起こります。
胎児の成長は染色体にプログラミングされているわけですが、もしも染色体に異常があれば受精することができず、もしも受精できたとしても今度は着床することができません。
そしてもしも着床できた場合でも、その先胚盤胞まで分解できず、妊娠初期の間に流産というかたちで駄目になってしまうことばっかなのです。
このように流産の多くは染色体に異常があった場合と考えられており、運動において芽生える流産は決して多くありません。
しかし妊娠初期には悪阻も起こり、気分的にも積極的に体を切り回したくないことも手広く、体温も高くなりボーッとすることも多いため転倒など二次的危険のリスクも高まります。
そして妊娠初期は流産がいやに多い時期なので、もしも流産した場合は運動をしたからではないかと自分を責めてしまうこともあるのです。
こういう理由からも妊娠初期は避け、妊娠16週以降の中期から行うようにするのがベストと言われています。http://カメヤマ酵母なら.xyz/