リフォームで風通しの良いお部屋に

「マンションは、一戸建てに対して冬は優しい」と聞いたことがあるかもしれませんが、構造上、断熱性能が低いマンションや、1階の部屋、北側の角部屋などは、冬は底冷えがして寒く感じますし、結露やカビが発生しやすくなります。
そのようなことで悩まされているのなら、マンションの断熱リフォームを検討して下さい。

マンションは、厚いコンクリートの壁で囲まれた構造なので、それ程断熱性能に優れていて部屋も温かくなると思われますが、コンクリートは熱がわかり易いので、外の寒さで冷えた壁の中にある部屋は、とっても寒さくなるのです。
再度、部屋が寒ければ、暖房器具によることになりますが、それによって、壁面には結露が出るようになり、カビが繁殖しやすい環境を作り出してしまう。

断熱性能に優れたマンションなら、外が寒くても、室内の温度を下げにくく、結露やカビの発生に悩まされることはないでしょう。
ところが、築年数の経ったマンションの場合は、断熱性能があまり良くないので、冬は外気の冷たさによって、部屋も寒くなり結露やカビが発生し、夏は暑くて冷房を付けても蒸し暑くなります。

また、マンションは部屋の階や位置によって外気からの影響の受け方が違い、とりわけ影響があるのは、壁が外気にものすごく面する角部屋や、天井の上に他の部屋のない最上階、床の下に部屋のない1階になります。
北側の壁に面する部屋と1階の部屋は冬にはなはだ寒くなり、南西の壁に面する部屋と最上階の部屋は夏にかなり暑くなります。

これらの問題は、断熱リフォームすることによって解決することができます。
例えば、1階の部屋で冬の寒さを改善するには、全ての床組みを撤去してスケルトン状態にし、現場吹き付けタイプの断熱材で床下の断熱効果を高めます。
断熱材を吹き付けタイプのものにすると、気密性が高まり隙間を敢然と閉じるので、耐久性に優れ結露やカビの発生も防ぐことができます。

断熱リフォームを行うと、真冬でも底冷えを感じなくなり、快適に過ごせるようになります。
また、ここまで大きな工事を行わなくても、敷くだけで断熱効果を上げられるタイプもあるので、予算によって選ぶと良いでしょう。

断熱リフォームを成功させるには、外の壁に面した部分を敢然と包むように行うことが大切です。
そのためには、専門的な知識と経験豊富な業者に依頼するようにしましょう。www.craill-design.nl