実践してみよう!サッカリド制限ダイエット

サッカライド制限ダイエットに興味があるけれど、あんまりやり方がわからない…という方に、今回はサッカライド制限ダイエットをご紹介します。
サッカライド制限ダイエットを行う前に、まずは自分自身の毎日の食事を振り返ってみましょう。そして、その食事でどれくらいのサッカライドをとっているのかをチェックしてみましょう。
軽めのサッカライドダイエットをするときのチェックリスト
・毎日1回はチョコレートやせんべいなどのお菓子を摘むことがある。
・果物を1日に200g以上摂る
・食事のとき、ご飯や麺などの主食の量を大盛として仕舞う。または、外食場合麺+ごはんなど、炭水化物同士のセットメニューを注文することが多い。
・加糖飲料を呑む習慣がある。または、健康のために市販の野菜ジュースを飲んでいる。
上記のなかに、一つでも当たるものがあった場合は、そもそもサッカライドを取り過ぎて掛かるケー。まずは、日本人の食事摂取基準で推奨された量まで燃やすだけでも、ダイエットに効果的な場合があります。
具体的には…
・チョコレートやせんべいなどのお菓子は諦める。どうにも食べたい時は、ナッツやチーズなどたんぱく質を数多く含み、血糖値が上がりにくい食材を選ぶ。
・果物は毎日200g100カロリーまでにする。目安は「みかん2個」「いちご12粒」「バナナ1本」
・主食はご飯150gを目安にする。おかずに、芋類などサッカライドが多く留まるものがある場合は主食の量を一段と燃やす。
・麺類は食べやすく、量を手広くとってしまいがちなので要注意始める。
・市販の野菜ジュースは、サッカライドが多く含まれているたり食物繊維が少なかったりすることが数多く、基本的に野菜の代わりにはならない。
おすすめは緑黄色野菜や、食後の血糖値上昇を抑えて得る海藻やきのこだ。
気をつけたい食材としては、米や小麦などの穀物、芋類などです。
また、大豆以外の豆類にもサッカライドが多く含まれています。香味料やドレッシングにもサッカライドが多く含まれているので使用する際には使いすぎには気をつけましょう。
サッカライド制限の本質は、「血糖値をあげないこと」にあります。
つまり、血糖値が上がらないこと」にあります。血糖血が上がらないように食事に気をつけていくことが大切です。http://www.motokombinezy.cz