日本画専門の山種美術館、如何なる美術館ですか?

東京の広尾に日本画専門の美術館、山種美術館があります。近代的で洗練された建物で、外観もとても素敵です。たまには、じっくり日本画を鑑賞するのも相応しいものです、休日に行かれてみるのはいかがでしょうか。

山種美術館は、山種証券の産みの親、山崎種二により生まれました。山崎種二は、日本画の収集家として知られていました。横山大観、上村松園、川合玉堂など、滅多にたる日本画家たちと交流を深めて、直接それらの画家たちから絵を購入し、着々とコレクションを増やしていました。直接、画家本人から購入する事は珍しいことだ。それほど日本画に対する熱意がすごかったのでしょう。

1966年、買い集めた日本画を元に、日本橋に美術館を創設しました。その後、二代目館長の山崎富治が速水御舟の作品を一括購入したり、また東山魁夷らに作品を依頼するなどして、もっとコレクションを増やして行きました。速水御舟の作品は、かつて大企業だった安宅産業が経営破綻した時に、安宅コレクションの中から速水御舟の作品を一括購入したものです。現在、作品の収蔵数は、1800点にものぼります。2009年に今の広尾に移転し、美術館を新築しました。

山種美術館は日本画専門の美術館で、一切西洋画を展示することはありません。ですが、徐々に客足が伸びて、現在は年間約20万人に上る来館客数になっています。それは山種美術館の照明が素晴らしいものであることが、理由の1つなのです。一般の美術館はただ照明を当てていらっしゃるだけですが、山種美術館は照明の画期的な工夫で、元々有難い絵画が、より一層しっとりものになり、ただ見ると言うより、カラダで見えることが出来るほどのものになっています。一度来館した客が、その後何度も足を運んでいることからしても、又来たく罹る美術館となっています。

また、全館バリアフリーになっており、床も足音が響いて鑑賞の妨げにならないような床になっています。しかも身体障害者手帳を持っている方、その介助者も入館料が無料になるという、手厚い心遣いも感じ取れる美術館だ。

日本画を思いっきり堪能した後は、併設されているカフェ、「Cafe椿」でゆるゆる余韻を楽しみましょう。美味しい和菓子と抹茶、または旨いコーヒーを味わえます。休日が、まったく充実したものに感じ取れるひと時だと思いますよ。ストラッシュの脱毛は料金が安いWEB予約がおすすめ!【お得なキャンペーン中】