海外インターンシップで身に付く英語力

アメリカのインターンシップに参加する魅力は、アメリカの企業で現地の面々と共に仕事ができるという、大変貴重な体験ができるということです。留学やワーキングホリデーも、海外で良い経験ができますが、留学は目標としていることを本場で学ぶことが目的で、ワーキングホリデーは娯楽の要素も留まることがあります。アメリカなどの海外インターンシップでは、留学やワーキングホリデーでは体験することができない、メリットがいくつもあります。その中でも何より期待できるのが、「英語力が身に付く」についてでしょう。

留学とインターンシップでは、おんなじアメリカに行くとしても、身に付く英語力には大きな差がつきます。語学留学では、日常会話レベルの英語力が身につき、基本的なコミュニケーションを英語でできるようになります。それに対して、アメリカのインターンシップでは、ビジネスの場で取り扱う英語が必要になってくるので、丁寧な言葉や言い回しなどをシーンによって使い分けられるようになり、一段と高度な英語のコミュニケーション能力を強めることができるのです。上司やクライアントなどに対する適切な英語表現を学べるのは、アメリカなど海外インターンシップならではのメリットだ。現地における間は、常に英語を聴き言葉にもたらすなど、英語漬けの毎日になるので、それだけ高度なリスニング力やスピーキング力が身に付くようになるのです。

また、リスニングやスピーキングの能力だけでなく、ライティング力も上達し易くなります。インターンシップ先では、クライアントとメールのやりとりを行ったり資料を作成したりすることもありますが、その際にはもちろん英語で行うので、英語を書く機会がたくさんなります。また、仕事で指示されたことなどをメモすることも手広く、その場合も英語で書くことになり、英語を書くのが当たり前の生活になるので、っ自然とライティング力も向上するのです。

それに、語学留学とインターンシップでは、周りの環境がまったく異なります。留学では、他の生徒たちと共に話すことが多くなり、その生徒たちも英語を覚えに来た初心者レベルの英語力なので、滞在中も簡単な英語しか使わないで終わってしまうこともあります。また、留学の滞在先に日本人がいたら、海外にいても日本語で会話することが多くなって、英語がよく身に付かなかった、という話もしばしば聞きます。

一方、海外でのインターンシップの場合は、近隣たちは普通に英語を活かし、英語で話かけられるので、英語を使うしかない環境に置かれます。また、現地の人が並べる英語の表現や言い回しを生で聞き取れるので、自分でも使えるように努力すれば、全然高度なテクニックが身に付きます。痩せ菌を増やすサプリで簡単ダイエット!【大注目サプリメント】