緑内障の種類とメカニズム

緑内障は視野が小さくなったり小さくなったりやる病気で、放置しておくと失明始める可能性のある危険な病気なのですが、予防するためにも、まずは緑内障のことをよくわかることが大切です。

緑内障は40歳を過ぎれば20人に1人がかかるともいわれているくらい誰の身にも出来る恐怖のある病気だ。しかも、自覚症状が少ないため、緑内障を患って要る人のほとんどが気付いていない状況だといわれています。

緑内障を発症する主な原因は眼圧の高さによるものです。
目の中では「房水」と呼ばれる水が作られていて、同量の水が目から過ぎ行く結果眼圧は一定に保たれてある。しかし、その房水の収穫が過剰に増てしまったり、漏れる房水の量が低下してしまうと眼圧は上がっていきます。
眼圧が高くなりすぎると視神経が傷つけられ、障害が起こってしまい、こういう障害が原因で信号が脳に伝わらず、視力や視野に障害が発生してしまうというのが緑内障のメカニズムだ。

緑内障の初期では視野の一部が欠けるように消え去ることがありますが、片目のほんの一部が思えなくなったとしても、反対の目がそれを補ってくれるため、自分では見え方に案外異変は感じません。そのため、緑内障はまずまず気付き辛いのです。

こんな緑内障はますます細く種類が分類されてある。

原発開放隅角緑内障は、眼球を満たす房水の出口にあたる「線維柱帯」が少しずつ詰まってしまい、眼圧があがることによって生じます。進行はゆっくりとしており、慢性ものです。

正常眼圧緑内障は、眼圧が正常値ですのに緑内障を発症する場合をいいます。
最近の調査では、緑内障を患って掛かる患者のおよそ70%がこういう正常眼圧緑内障であることがわかっています。

原発閉塞隅角緑内障は、目における「隅角」という部分が狭まる結果起きる緑内障だ。
隅角は線維柱帯を含む房水の流出する場所の結果、こういう隅角が狭まり、最終的に線維柱帯がふさがれてしまうと房水が流れ出さなくなって眼圧が上がっていきます。

発達緑内障は、生まれつき眼球内の水の流れ道が未発達であるために発症する緑内障だ。
また、続発緑内障は、目の傷や角膜の異常、眼球の炎症や網膜剥離など、外傷や眼病などがもとで眼圧が上昇して仕舞う症状を言います。参照サイト